外資コンサル辞めて上海で現地採用になった男のブログ

外資系コンサルティングファームを退職して、中国・上海で現地採用で働くアラサーです。魔都上海での生活スタート!

上海に来て1年が経った

(あんまりまとまっていない文章ですいません。)

5/24で上海にきて1年が経った。

早いようで遅かったような不思議な時間の流れの感覚であった。

こちらに来て、「不忘初心」という言葉をよく見かける。

「初心忘れるべからず」といったところだろうか。

 

日本での職場を捨てて、上海に現地採用という不安定な職場に来たのはなんでだったろうか?

「海外で働いてみたかった」、「今後の発展性が望まれる中国を知りたい」、「自分でビジネスをする際のネタを見つけたい」というのが大きな理由であるのは間違いない。

現在の仕事を選んだ理由としては、前職でコンサルタントと人事領域(採用)を経験させてもらい、人事システムというのは

家でいうと基礎部分であると思い、もう少しその知見を広げたいとも思ったからだ。

 

一連の流れも理解したものの、あまりこれ以上の発展性がないと感じている。
(仕事内容的にも、賃金的にも)


今後自分でやってみたいビジネスの種もこちらに来て見つけ、現状では日本にいた方が

利があると感じている。

残念ながら、それは今の会社では叶えることはできない。所詮は、日系企業の進出先なので
自分でビジネスをする経験も積めないし、やりたいビジネスの領域とも異なっている。

その領域も全くの未経験分野、はたしてどのようにして展開していくべきなのか?


日本でもあんまり大々的に採用はしていない領域なので、狭き門でもある。

いずれにせよ、上海から撤退するというのは間違いないようだ。

でも、中国とか関わっていくことが求められるビジネス。


どうしていくかな?なんかぶれてるないかな、ぶれてないことに妙に固執しちゃってる気がしなくもない。


なんかとりとめもない文章になっちゃった。

Ko