外資コンサル辞めて上海で現地採用になった男のブログ

外資系コンサルティングファームを退職して、中国・上海で現地採用で働くアラサーです。魔都上海での生活スタート!

仕事&中国とどう関わっていくのか?

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします!

12月からずっと心がモヤモヤしている。
現地採用として上海にやってきたものの、今後の身の振り方に悩んでいる。
端的にいうと金と仕事である。

現地採用というのは総じて低賃金である(可能性が高い)。
これはある程度我慢して上海にきたものの、自己投資に使う分がないというのはこの不確実性の高いこのご時世にはなかなか辛いものである。
心の健康、体の健康を保つためにもある程度の余裕ある資金が必要であると思っている。使い道は旅行でも、本でも、食べ物でも、酒でも何でもいいと思う。
現状は、結構かつかつである。切り詰めればとことん切り詰められるのだろうが、そんな極端な貧乏ストーリーはできれば構築したくない。

そして、仕事。以前もどこかで書いた記憶があるが、今後の発展性がない。
細かい内容は異なっても大筋同じようなストーリーが今後も仕事上では繰り広げられる。半年程度こなしてきて、仕事の能力の天井が見えてきたと同時に中国でのビジネスを自分でディベロップしてみたいという思いも生じてきた。
ECなり、マーケティングなり、上海に来た目的でもある「この国の方々を知る」という目的により直接的にコミットしたい。

中国と今後も関わる仕事をするという意味では、まずは場所を考える必要がある。

①日本を拠点としてかかわるのか?

②上海を拠点としてかかわるのか?

正直、上海(中国)という場所は刺激的で楽しい。困ることも多いが、母国語じゃない言葉で体当たりするのは楽しい。現時点では、②を選択したい。

その場合のデメリットしては、まずは金の問題をクリアにできないという点と仕事の選択肢がとたんに狭まってしまう。

保険的なオプションとしては、現在の領域関連でより高い給与を目指すか、中国ビジネスに関わるのか?

いずれにせよ、職場を移るという選択肢には落ち着きそうである。

世の中こんなブレブレな人間がいていいのだろうか?どこかで腰を落ち着けなければならないとは思いつつもこんな感じになってしまっている。

困ったもんだぜ!

Ko