外資コンサル辞めて上海で現地採用になった男のブログ

外資系コンサルティングファームを退職して、中国・上海で現地採用で働くアラサーです。魔都上海での生活スタート!

2018年を振り返る

注記:投稿できたと思ったらできてなかった・・・・・。

 

大家好!Koです。

早いもので2018年も終わろうとしております。
中国では春節が年越しになるので、厳密には中国では違うのですが。

今年は退職、上海移住という大きな1年でしたので、今年を振り返ってみたいと思います。

1月
昨年12月からの鬱状態が継続中。
病院に通いつつ、薬飲みつつ、回復に専念する。
友人や家族に支えられつつ、前向きに仕事を再開したいという気持ちになる。
その一方で、こうやって突然鬱になるということもあり、年齢のこともあり、海外で働くという目的にコミットした方がいいのでは?という気持ちになる。

2月
仕事に復帰。といいつつも復帰前よりもあまり刺激的でない仕事にアサインされる。
今振り返れば慣らし期間なのでしょうがないことなのだが、鬱状態になる前に仕掛かってた仕事も他の方がやり、結果も奪われるような形になり、とてもやるせない気持ちになる。(今振り返れば、しょうがないことなのですけどね・・・。)
海外で働くコミットするため、現地採用での転職活動を開始する。仕事内容からも逃げたい思いも重なり、あまり条件面とかを確認せずにOfferにサインしてしまう。。。。
上海のベンチャー会社とも数社面接したが、面接時のコミュニケーションって大事なんだなぁとも感じる。(質問内容と落選理由が全くリンクしない)

3月
労働ビザの取得手続きに入るが、日本側の費用はなぜか自分負担というとんでもない状況に陥るが、錯覚状態のため普通に自分で負担してしまう・・・。
前職との退職手続きに入るが、元々退職する人が多いため、特段揉めることなく終了

4月
退職。東京の住んでた家も引き払う。大好きだった世田谷を離れるのはとても辛かった。鬱になっても大好きな会社、同僚たちとのお別れも辛かった。

5月
ついに上海へ。無駄に意気込み無駄なものを持ってきすぎたと、今は思います。薬とか家電とか・・・。上海にやってきて、やってやるぞー!という気合が入りまくり状態になる。最初はホテルに滞在し、Airbnbルームシェアを経験。
中国語はこの時はまじでにーはおレベル・・・。工作許可がまだ下りていなかったので、1か月はニート期間のため、語学学校に通う。
家探しや銀行口座の開設など、日本で普通にできなかったことができないということに気づく。でも、やってしまえばできるないことはないとも感じた。

6月
ニート期間も終わり、仕事開始。
コンサルタントいうものもこれまでやってきた領域とは若干違うため、色々キャッチアップする。PCがなかなか与えられなかったり、IT環境が前職よりかなり(悪い意味で)異なり、狼狽する。

7月
とにかく何を食べてもおなかを下す状況に陥る。水製造機に陥る。(汚い)

8月
色々お客さんを持ちつつ、キャッチアップ。金がないなぁって気づき始めるw

9月
海外特有の孤独感を発症する。これまでの人生で対面したことがない謎の孤独感とどう向き合うのか真剣に考える。金がないなぁってまじで思い始める。

10月
仕事もなんとなくマンネリ化し始める。色々やりたくないこともやらされる。
海外というフィールドでいかに自分の芯を持つべきなのか考える。

11月
自分のよくない怠け癖が出始める。このころから少し中国語のまとまった勉強をしないようになる。とはいいつつ、翻訳等は自分でするので実践中国語を使ってるっちゃ使ってる。

12月
母の病気で急遽帰国。地元のなんともいえない元気がない感じや、日本の電車の静かな雰囲気が受け入れられないものとなる。
中国であともう少しかんばりたいという思いもありつつ、やはり金がないのでどうしたものかと思う。

というわけで、2019年は

1、キャッシュインを増やす
2、中国語を伸ばす
3、個人で稼ぐ力を伸ばす

に注力したいです!

それでは、また!