外資コンサル辞めて上海で現地採用になった男のブログ

外資系コンサルティングファームを退職して、中国・上海で現地採用で働くアラサーです。魔都上海での生活スタート!

海外での友達の作り方とは?

こんばんは、Koです。

幸運なことに、小学生、中学生、高校生、大学生、これまでの社会人の中でも仲のいい友人を持つことができておりました。
自分自身の性格などの他に、お互いが共通言語である日本語でコミュニケーションを取っていたというのも大きいと思います。
東京にいたときは、毎週遊びにいけるような友人がそれなりにはいました。

所変わって、現在私がいるの中国・上海。仲のいい友達達は皆ここにはおりません。
言葉もまだたどたどしいこの状態でかつ、29歳という年齢で現地の友達を作っていかなければなりません。正直、友達って意識しなくても出来上がっていたものだったので、作ろうと思っても方法が思いつきません。ましてや、日本でナンパもしたことないでの、いきなり街中の人に話しかけて「Wechat教えてアモーレ!」なんて言えません!

学習効果の検証データすらないものの、多くの留学経験者が「現地の友達や恋人を作るのが一番上達の近道や!」と仰るので、この国で生きていく以上は中国語を身に着けていかなければなりません。旅の・・・ではなく現地採用の恥はかき捨て!いざ友達作りのために以下を実際に試してみました。

①Wechatの近くにいる人機能
 自分の周囲にいる人を検索し、あいさつを送ったり送ってもらったりできる機能です。とりあえず自宅で起動してたものの反応なし!

②交流会参加
 おそらく上海では有名な部類に入るであろう、日中韓英の交流会に参加してみました。(範囲広すぎやろ・・・。)
集団だとなかなか喋れない私ですが、日本人に興味ある人も多いので結構話しかけてくれる。いいぞ・・・!いいぞ・・・・!しかし、互いに中途半端な日本語&中国語でなんだか頭がしっちゃかめっちゃけに・・・・。中国語の練習とすると微妙かも・・・。
まぁでも友達を作るという側面のみでみればいいかもしれません。持続的な友達はできなかったけど。

③声をかける
 最終兵器です。結論これが一番いいのでは・・・と思いました。異性でも同性でも、店員でもなんでも、ちょっと気になった方がいれば話て、Wechat交換しちゃえばいいのです。外国語だから羞恥心もあんまりないし(私は)、向こうも悪いイメージ持ってるならそもそも教えてくれないと思います。
皆さん、どんどん声かけちゃいましょう!!

それでは、また!

Ko