外資コンサル辞めて上海で現地採用になった男のブログ

外資系コンサルティングファームを退職して、中国・上海で現地採用で働くアラサーです。魔都上海での生活スタート!

上海にきて4ヶ月が経った

大家好!Koです。

あんなに暑かった上海にもすっかり秋が訪れております。
まだまだ汗ばむ陽気の日もありますが、気持ちのいい気温の日が続いております。

さて、私は5月下旬に上海に来たのですが、早いもので間も無く4ヶ月を迎えようとしております。この4ヶ月を迎えて感じる気持ちを書き記したいと思います。

(いい意味でも悪い意味でも)上海にいることが当たり前になった
 上海とても過ごしやすいです。綺麗な街並み、美味しい食事などなど素晴らしいです。それでも29年間過ごした祖国の日本とは全く違うところです。最初の3ヶ月くらいは体調を崩したり、心が落ち着かない日が続いていました。
しかし、そういった気持ちも最近はなくなり、少しずつだれてくるようになりました。
以前は中国語の学習も継続的に毎日続けていましたが、最近はまばらに・・・。
なぜ自分が中国に来たのか?目標はなんだったかをきちんと再度見直さなければならないなと感じる今日この頃です。

訪れる謎の孤独感
 慣れたといっても不意に謎の孤独感に苛まれることがあります。別に友達がいないわけでもないし、いつでも家族、日本の友人に電話はできるのですが・・・。ここのメンタルコントロールのコツがまだつかめません。人間は本来は孤独なのかもしれませんが、この圧倒的アウェーの中ではどうしても感じてざるを得ない感情なのかもしれません。

それでも、上海に来て本当によかったと思ってます。この中だるみ?から抜け出して、さらなる充実した日にしていきたいですね!


Ko