外資コンサル辞めて上海で現地採用になった男のブログ

外資系コンサルティングファームを退職して、中国・上海で現地採用で働くアラサーです。魔都上海での生活スタート!

中国 上海の物価感について

大家好!Koです。

上海生活も間もなく2か月になろうとしております。
中国での物価感についてまとめてみたいと思います。
これから中国で現地採用で働こうと思っている方の参考になれば幸いです。

結論としてすでに多くの現地採用諸先輩方がおっしゃってますが、「中国は物価が日本より安いから現地採用でも贅沢な生活ができる!」というのはありえません ということを強く主張しておきたいと思います。
ものすごく極貧というわけではないですが、買いたいものを何でも買えるというわけではない ぐらいですかね。

日本と比較して安いもの/高いもので記載していきたいと思います。


①日本と比較して安いもの

・バス、地下鉄、タクシーの公共交通機関
 東京在住時は東急線沿いに住んでおりましたが、初乗り140円くらいでした。
 それと比較して上海はバスならば始発から終点でも2元(=約37円)、地下鉄は
 距離にもよりますが最大での5元(=約90円)くらいです。
 タクシーも初乗り16元なのでとても安いです。これのせいか、通勤費の支給を
 している企業はあまりないように感じます。
 但し、上海は渋滞がひどく費用対効果が悪いので私はあまりタクシーは使いません。

 

・(ローカルの)外食費用
 地元民がいくようなローカル食堂、中華料理は比較的安価です。
 2人で残すくらいたらふく食べても200元(=3500円)くらいです。
 前の記事でも書きましたが、1品の量が多いので4人くらいでのシェアが理想的かも
 しれません。
 近所の麺屋さんでは焼きそばが大盛でも20元(=約350円)くらいで
 十分おなか一杯になります。

 

・美容院
 まだこっちの美容院と理髪店の境目がわかっていないのですが、クーポン使うと
 50元(=約900円)で切ってくれます。日本と比べるとそりゃ粗いですが
 シャンプーもカットもそれなりに満足するレベルで切ってくれます。
 余談ですが、日本人美容師によるカットは8,000円くらいするらしいです。
 男性は頻度も高いと思うので、むしろこの価格設定はうれしいですね。

・地元産の農産物
 特に果物が安いです。東京だと果物って少し贅沢品じゃないですか?
 こっちは今桃がシーズンですが、1個6元くらい(=約100円)です。
 農薬洗浄しなきゃいけないのが面倒ですが、味は山梨の桃にも全然負けてません。

 

②日本と比較して高いもの

・外国製品
 いわゆる高級スーパーにいくと驚愕します。
 例えばイタリア産のパスタなどは日本の2倍くらいします。
 日本産のお醤油とかも普通に3倍くらいします。
 上記の通り、ローカル物はそうでもないのですが、輸入食品が異常に高い。。。


・住宅価格
 中国都市圏全土に言えることかもしれませんが、住宅価格が異常に高いです。
 現在私はいわゆる小区というローカルアパートに住んでますが、月約9万円です。
 外観は日本の団地で内装はきれいですが、日本では住み手がつかないレベルです。
 住宅価格もバブルレベルで高騰しており、とても買えるレベルにありません。
 (そもそも外国人が購入できるかは疑問ですが)

いかがですか?少しでも参考になりましたでしょうか?
もっと細かいレベルでの価格帯を知りたい場合は、Twitterなどでご連絡ください。

それでは、また!

Ko