外資コンサル辞めて上海で現地採用になった男のブログ

外資系コンサルティングファームを退職して、中国・上海で現地採用で働くアラサーです。魔都上海での生活スタート!

現地採用で働く人に読んで欲しい本

大好家。Koです。

上海に3週間が経ちました。最初の2週間は「本当に自分の選択は正しかったのか?」とずっと悩んでおりました。

現地採用として活躍する諸先輩方のブログを読み漁っているときに、あるブログにおいてこちらの本が紹介されているのを発見しました。ちょうどいいタイミングで両親が来海したので、持って来てもらいました。
 

僕のトルネード戦記 (集英社文庫)

僕のトルネード戦記 (集英社文庫)

 


当時の近鉄で活躍しながらもほぼ前例のないメジャー挑戦。イチローさんや大谷くんのような大型移籍ではなく、球団探しも自ら行うというまさにゼロスタート。

同調圧力の強い日本において、自分が考えた最適解を貫くことの難しさ、生き辛さが強く伝わって来ました。年俸も近鉄時代と比べて大型減。それでもレベルの高いところで野球をしたい、自分の力を試したいという思いに勝手に共感してしまいました。

私も現地採用になることで、前職よりも大きく収入が下がりました。正直、生活は前よりもきついです。(別に餓えるとかそういうレベルではないですけどね笑)
自分でリスクある選択をしたからこそ、何かを成し遂げたい、成長していきたいという思いはとても普通に海外にくるよりも強くもてるのではと思っております。

現地採用で〜と記載しましたが、キャリア選択や決断に悩む人にもおすすめの本です。
200ページもない本なのであっという間に読めちゃいますよ

それでは、また!

Ko