外資コンサル辞めて上海で現地採用になった男のブログ

外資系コンサルティングファームを退職して、中国・上海で現地採用で働くアラサーです。魔都上海での生活スタート!

上海にきて4ヶ月が経った

大家好!Koです。

あんなに暑かった上海にもすっかり秋が訪れております。
まだまだ汗ばむ陽気の日もありますが、気持ちのいい気温の日が続いております。

さて、私は5月下旬に上海に来たのですが、早いもので間も無く4ヶ月を迎えようとしております。この4ヶ月を迎えて感じる気持ちを書き記したいと思います。

(いい意味でも悪い意味でも)上海にいることが当たり前になった
 上海とても過ごしやすいです。綺麗な街並み、美味しい食事などなど素晴らしいです。それでも29年間過ごした祖国の日本とは全く違うところです。最初の3ヶ月くらいは体調を崩したり、心が落ち着かない日が続いていました。
しかし、そういった気持ちも最近はなくなり、少しずつだれてくるようになりました。
以前は中国語の学習も継続的に毎日続けていましたが、最近はまばらに・・・。
なぜ自分が中国に来たのか?目標はなんだったかをきちんと再度見直さなければならないなと感じる今日この頃です。

訪れる謎の孤独感
 慣れたといっても不意に謎の孤独感に苛まれることがあります。別に友達がいないわけでもないし、いつでも家族、日本の友人に電話はできるのですが・・・。ここのメンタルコントロールのコツがまだつかめません。人間は本来は孤独なのかもしれませんが、この圧倒的アウェーの中ではどうしても感じてざるを得ない感情なのかもしれません。

それでも、上海に来て本当によかったと思ってます。この中だるみ?から抜け出して、さらなる充実した日にしていきたいですね!


Ko

上海カフェレビュー ORIGINAL COFFEE BAKERY @茂名路

久しぶりの更新です。

女子っぽいですが、カフェレビューです。

今回は陕西南路站から歩いて5分程度のところにあります、「ORIGINAL COFFEE BAKERY」に行ってまいりました。

座席数は多くないですが、ソファー席もあり作業するには快適です。(電源もあり)
ただ、私が訪れた時は空調が効いておらず、少し暑かったです・・・。もう少し涼しくなれば快適かもしれませんね。

 

f:id:koinshanghai:20180924172203j:plain



メニューの種類は豊富です。ハンドドリップからスムージー、お茶まであります。
気分的には雲南のコーヒーを飲みたかったのですが、あいにく取り揃えがなく、おすすめされた「特调柠檬咖啡(スペシャルレモンコーヒー)」を注文してみました。

f:id:koinshanghai:20180924172251j:plain

 

味はレモンジュースがメインで甘みはあまりなく、コーヒーの風味が加わることで、モカっぽい風味を引き立てます。
作業するならば、先日アップロードしたBook Store Cafeの方がおすすめです。
陕西南路あたりぶらぶらして、一休みするときにいいかもしれません。ただ、メインストリートからはひとつ入ったところにあるので、わざわざ来た方がいいかと思うとちょっと・・・って感じですね。

<店情報>
店名:ORIGINAL COFFEE BAKERY
住所:茂名南路90号
TEL:021-64311502
電源:あり
Wi-Fi:あり

それでは、また!!


Ko

上海に来たら食べてほしいもの-その1-

こんにちは!Koです。

上海(中国)のグルメと言われたら皆さん何を思い浮かべますか?

麻婆豆腐、火鍋、北京ダック、水餃子,ワンタン、上海蟹、、、etc

上記はまぁ、日本でもわりとポピュラーなものなのでイメージし易いですよね。

私的にはぜひ上海に来たら新疆菜 を食べてほしいです。

新疆ウイグル自治区の料理です。日本だとまだなじみがない料理だと思います。

なんとも例えのようのない美味な料理です。特に「大盤鶏(dàpánjī)」という料理がおすすめです。ビールが進みます。

↓大盘鸡

f:id:koinshanghai:20180906234958j:plain

 

中華料理あるあるですが、1人前でもかなり量が多いので注意してください。

上海でおすすめの店は・・・・とかっこよく語りたいのですが、わりと至る所にあるので、答えられないです笑

両親と友達数名にも食べてもらいましたが、総じて美味しいという評価でした。

皆さんも上海来たらぜひ食べてみてはいかがですか!?

それでは、また!

Ko

何がしたいのかわからない学生こそコンサルタントを目指すべき理由

大家好!Koです。

今回はあまり上海は関係ない内容です。
夏のインターンも開始した時期なので、少し就職活動ネタを書きたいと思います。

やりたいことってみなさんありますか?
私は今年29歳のアラサーですけど、あるようでないようなふわふわした感じです。
当然、就職活動の時に明確にこれがしたい!みたいなことなんてありませんでした。(なんとなく海外と関わる仕事がしたい レベルの希望です。)

明確にこれだ!ってある人はいいのですけど、正直大半の人ってないんじゃないかなぁって思います。特にインターンシップなどで実体験もないのに、そう思ってる人は働き始めたら気持ちが変わる可能性が高いと思います。
それって、状況でいうとパワプロだけやって、実際の野球をプレイせずに「わいはやきうが好きなんや!だから、プロやきう選手になるんや!彡(^)(^)」みたいな状況に近いと思います。

そして何よりもやっかいなのは、大半の企業が配属先がどこになるのかまったくわからないというシステムを採用していることです。どこの部署なのかも、勤務場所もどこなのかも不明です。自分がチャレンジしたいことに気づきを得てもいつそれがかなえられるのかわかりません。

「何がしたいのかわからない」、「やりたいことに気づいたときに自由に動きたい」 そんな方にこそ、私はコンサルタントというお仕事をおすすめしたいです。
理由としては下記の通りでございます。

・プロジェクトを通して色んな業界/企業を見ることができる
・様々な状況に応じて、自分の頭で考え、乗り切る力が身につく

私が働いて企業では製造業、金融、官公庁などなどほぼ全ての業界を網羅しており、それはそれはたくさんのお客様がおりました。企業によって、カラーも全然違うし、働いている人の感じも全然違います。多くの企業と触れ合う中で、自分に合う業界のカラーは何なのか、どういうことを生業にしている企業に魅力を感じるのかわかるかもしれません。

また、コンサルタントという仕事は「企業の課題を解決する」のが仕事です。課題といっても、解が用意されているものではありません。自分の知識と思考の掛け算で導きだしていきます。本当に自分がチャレンジしたいことが見つかった際に、そのスキルがあればどこでもやっていけると思います。

実際、私の先輩も「やりたいことがわからないから、やりたいことが見つかった時にそれにすぐに適応できるようになりたいから、コンサルタントになった」という人もいました。

まだ何がしたいのかわからない学生さん、コンサルタントという仕事を1回考えてみてはいかがですか?

それでは、また!

Ko

金に貪欲になっている気がする

f:id:koinshanghai:20180904004552g:plain

 

「金は命より重い」と言い放った某漫画のキャラがいました。
命より重いかはさておき、ここ上海に現地採用という立場にいると本当に自分には金がないんだと実感します。

東京での勤務時より待遇が下がることは頭では理解していたのですが、実際に自分の眼で見たときにそれを完全に腹落ちさせるのはなかなか難しいものです。

金持ちの上海人を見たとき、駐在員を見たとき 自身の金の無さを実感します。
ただ、空から金が降ってくるわけでもなし、鉄骨綱渡りをすればいいわけでもなし、地下でチンチロリンをすればいいわけでもなし、とにかく実力をつけ、チャンスを伺うしかないのです。

ブログの収益化でものすごい人時々いますが、あれどうやってやってるんですかね?
無料でとは言わないのでヒント教えてください。

とりあえずは、ブログは方向性をきちんとつけることでしょうか?w

今回はなんか変な話でした。

Ko

上海にきて3ヶ月が経った

大家好!Koです。

8/24で上海に来て3ヶ月が経ちました。
この3ヶ月の気持ちの変化を記したいと思います。

良くも悪くも上海が当たり前になった

上海に来た2か月経ったぐらいまでは、自分がどこにいるのかがわからない状態が続いていましたが、上海での生活が当たり前になってきました。食事も地下鉄も人民の皆様が周りにいることが普通になってきました。
しかし、それに応じて最近怠け気味になっております。最初の2ヶ月はものすごく焦って、毎日中国語を勉強しておりましたが、最近はそのスペースが落ちてきています。
年内のHSK4級の取得を目的としているのですが、、、。

元々、何か自分のビジネスを起こしたい、中国ビジネスを知りたいと思ってやってきた上海。怠けてる時間はありません。
常に焦って、努力できる気持ちが欲しいなぁと思う今日この頃です。

それでは、また!

Ko

日本に弾丸帰国して思ったこと

大家好!Koです。


久しぶりの更新ですが、先週は日本に弾丸帰国してきました。
3か月ぶりに祖国日本の地に足を踏み入れたのですが、その時に感じたことを書きたいと思います。

①やはり現金主義な日本
LINE PAYやらが少しずつですが、普及しているみたいですがやはりまだまだ現金至上主義ですね。小銭を探す時間に少しフラストレーションがたまりました。(小さい財布だったので、1回小銭を床にぶちまけてしまいました)
電子マネーはるものの銀行口座との紐づけができないなど、モバイル決済の課題はまだまだ多いと感じました。

②ご飯がおいしい・・・
日本にいたときは松屋すき屋吉野家などはあまり食べなかったのですが、久しぶりに松屋に入りましたが、本当においしいですね・・・。長年食べ続けた日本の味はやはり自分の味覚記憶に染みついておりました。
あと、ケーキの類が本当においしい・・・。


③電車マナーはやはりいい
上海にいると特に朝のラッシュ時はラグビーかのごとく降りる客と乗る客の押し合いになりますが、日本はきちんと待つ。飲酒、電話禁止の文化は嫌ですが、そうじてやはりマナーがいいです。


でも、やはり日本にいると努力できないのです。自身の成長という意味では、やはり上海にいたいなぁと思う次第なのでした。

 

Ko