外資コンサル辞めて上海で現地採用になった男のブログ

外資系コンサルティングファームを退職して、中国・上海で現地採用で働くアラサーです。魔都上海での生活スタート!

人生のやりたいことリスト100を作り始めた

大家好!Koです。

ほかのブロガーさんよろしく、私も人生のやりたいことリスト100を作り始めました。(今更・・・。)

とはいったもののなかなかやりたいことってないですね・・・・。ゆっくりですが、追加していってます。

No 分類 やりたいこと
1 仕事 やりたいこと、買いたいもの買えるくらいの給料をもらう
2 仕事 自分でビジネスを起こす
3 旅行 グラナダにまた行く
4 旅行 メスキータにまた行く
5 旅行 イランのイスラム建築を見に行く
6 旅行 北アフリカに行く
7 旅行 ハワイの田舎に行く(ホノカアボーイごっこ)
8 中国 HSK5級を取る
9 中国 プレゼンできるレベルの人になる
10 家族 恩返しする
11 自分 自分に厳しい人になる
12 社会 自分の経験を人に伝える
13 自分 ビビらない人になる
14 仕事 攻めるHRパーソンになる
15 旅行 メジャーリーグを観に行く
16 旅行 クラクフに行き、ゲットー跡を見る
17 旅行 アウシュビッツ収容所跡に行く
18 中国 南京記念館に行く
19 旅行 4人でまたラスベガスに行く
20 仕事 HRの学び場を作る
21 大きいキッチンがある家に住む
22 仕事 ブログで稼ぎたい
23 旅行 コムローイを見に行く
24 性格 怒っても顔に出ない人になる
25 性格 人に期待しない性格になる

 

欲がない人間なのか野心がない人間なのか・・・。

Ko

勉強&作業にお勧めのカフェ

大家好!Koです。

皆さんは家で勉強出来る派ですか?私は昔からできない性分です。

HSKの勉強なども基本は外のカフェですることが多いのですが、カフェが異常に増えているここ上海で、いい勉強&作業にぴったりのカフェを見つけました。

10号線の「上海図書館駅」から歩いて5分ほどのところにある「1984 Book Store Cafe」です。

写真を撮るのを忘れてしまったのですが、鉄の扉をあけるとそこにには本に囲まれた素敵なカフェがございます。

 

f:id:koinshanghai:20180810004206j:plain

 

f:id:koinshanghai:20180810004217j:plain

 

ドリンクはコーヒーもありますが、スムージーなどのオリジナルドリンクもあります。
読書や作業を前提としているので、店内はとても静かです。
あまり回転率はよくないので、座席が空いてなかったらあきらめた方がいいかもしれません。
外の席もありますが、この季節は暑いうえに蚊もすごいのでおすすめしません。

f:id:koinshanghai:20180810004129j:plain

あと数匹猫もいるので、ぜひかまってあげてください。

<店情報>
店名:1984 Book Store Cafe
住所:徐汇区湖南路11号 (10号線 上海図書館駅最寄り)
Wi-Fiあり

それではまた!

Ko

サヨナラニッポン~若者たちが消えてゆく国~ を見た感想

大家好!Koです。

6年ほど前に放送されたドキュメンタリーで、中国で現地採用で働く方々を取り上げたものがありました。私も現在はある意味で同じ立場なので、今回は視聴した感想について書きたいと思います。

www.dailymotion.com

 

以前はYoutubeにもあがっていたのですが、削除されていたのでDailymotionからの転載です。

既にご視聴された方も多いかと思いますが、概要を簡単に書きます

・メインは大連で働く3名の男性の方、1人目はコールセンター業務、2人目はデータ化の単純作業、3人目はWeb制作で起業

・コールセンター業務で出てきた方々は、「とりあえず仕事があるから中国に来た」という方が大半で中国語などスキルアップに務めるようにしている感じはいない

・しかし、日本語が堪能な中国人が増えてきており、少し立場が危うくなっている

・起業された方は、中国人とのコミュニケーション、仕事への考え方に奮闘している。

 

私の周りの現地採用の方は、スキルアップにも一生懸命だし、何かを得ようとして奮闘している方が多いように感じますが、このドキュメンタリーは全般的に暗く、自分が接している方々との状況と大きく乖離しているような気がします。

大きく感じたことは下記の通りです。

①何故くるのか、何を得たいのかがないと現採は厳しい
特にコールセンターパートで出てきた方々は、日本で仕事がないから大連に来た みたいな方が多いように見受けられました。その状況は否定しません。ただし、我々は現地採用。駐在員のように帰った後のキャリアがあるわけでもありません。なぜくるのか、何を得るのかを考え、行動していかないとキャリアがストップする可能性が高いです。(何をアウトプットしたのかが語れない。)
私の場合、中国語はもちろんのこと、何かビジネスチャンスになるようなものがないかを常に考えております。まだ行動できていないですけど。。。

 

②何食ったって別にいいだろ!
コールセンターパートでは日本食を食べるのが悪みたいなパートがあり、一方でデータ入力の方がローカル屋台で麻辣串?を食べるをみじめな風に描写したり・・・。ならどうすりゃいいねんっていう感じです。
別に何食ったっていいじゃないですか。自分の財布の範囲内で好きなもの食えばいいんですよ。私の場合、あまり日本食は外で食べません。日本食はもっぱら家で作って食べます。
外食の時はほぼローカル飯です。手ごろだしぱっと食べれるし安いし、何の問題もないです。(時々おなか痛くなりますけど)
红烧肉炒面、麻辣汤、麻辣香锅むっちゃはおちーですわ!

 

③今はもはや現地採用でいい生活はできない
コールセンター業務の方は月収僅か10万円ちょっとで高層マンションに住んでます。
以前ボンビーガールかなんかで、現地採用でいい生活しているみたいなのがあったみたいですが、少なくともここ上海では高層マンションには住めません。無理です。
だからといって別に極貧というわけでもないです。ただ、超リッチな生活は無理です。
このドキュメンタリーは2012年ですが、2018年現在の子の方々がどうなっているのかが気になりますね。

現地採用は努力して這い上がろうってことですわ!


それではまた!

Ko

キャッシュレス社会の上海でキャッシュじゃないとダメな場所

大家好!Koです。

私のフォロワーさんのキャッシュレスに関するツイートがバズりました。

www.yuru-rinko.com

当然でも上海でもキャッシュレス社会が進んでおります。
日本より現金の登場場面はほぼなく、AlipayやWechatPayで支払いができます。
タクシーから食堂、コンビニ、ディズニーランドでもどこでもスマホで支払いができます。
しかし、落とし穴はあるもので理由は不明ですが、ここ上海でも現金しか使えない場所がいくつかあります。自分が引っ掛かった場所もありますし、ローカルの人ですらひっかかっていた場面もありました。

<現金しか使えないところ>

①地下鉄内での交通カードチャージ

日本だと改札内に精算機がありますが、上海ではありません。チャージ金額が少なくなった場合は、サービスセンター的なところにいってスタッフにチャージしてもらう必要があるのですが、なんとここは現金しか使えません。(改札外のチャージマシンではAlipay使えるのに・・・。)私も1回やらかしてしまい、となりいた人にWechatでお金送って、現金をもらったことがあります。(逆もあり、中国の方でもひっかかることあるようです。)

 

②静安寺の空港バス

静安寺から浦東空港までの空港バスがあります。料金は22元(現時点)で、乗車後に集金のおばちゃんが来てお金と引き換えに发票を渡してくれます。しかし、ここでも現金しかだめです。以前、地元の男性が現金がなく集金のおばちゃんともめていました。しかし、ここは中国・・・。結局おばちゃんにWechatでお金を送ってなんとかなってましたが、現金払いが基本なのでしょう。

現金しか受け付けないとまではいかないのですが、ローカルのタクシーも乗車前にWechatかAlipayでも支払いOKか確認しましょう。おじいさんタクシーだとまれに現金しかダメの場合があります。

まれに上海で現金使うと店員からいやな目でみられるとかツイートする方いますが、そんなことはないので安心してください。
じゃあ旅行者はどうすればいいねん・・・って話になりますし・・・・。

それでは、また!

 

Ko

私が思う海外在住者のメンタルコントロール

大家好! Koです。

上海生活をスタートして2か月が経ちました。
私は中国語がほとんど喋れない状態で、上海にやってきました。
結論は言語問題に集約されたのですが、ここ2週間程度気持ち的に落ち込んでしまいました。そこで、私的に思う海外在住初期に発生する悩みとメンタルコントロールについて書きたいと思います。

目次

 1、何を悩んだのか?
 2、原因は何だったのか?
 3、どう気を持つか?

 

1、何を悩んだのか?
上海での現地採用生活は私にとって初めての海外生活です。旅行ベースでは、海外に行ったことはありますが、実際にその土地に住むという経験は初めてです。
ましてや、今回は中国語能力はほぼ皆無に等しいレベルで生活をスタートし、日本では当たり前にできたことが上海では出来ない状態にありました。
自分の語学能力のなさから由来して、色んなことに対して申し訳ないという気持ちを抱くようになりました。


両親:私も今年で29歳・・・。未婚、外資コンサル勤務という周囲に自慢しやすい(と思う)環境を捨て、初の海外生活・・・心配をかけてしまい申し訳ないと思ってしまいました。
友達:時々LINEで吐く弱音に対して申し訳ないと思うようになりました。
上海にいる友達:私の中国語はとんでもなく下手です。来上海2か月でようやくHSK3級を受験しました。当然、発音、文法、リスニング力も低いです。こちらで知り合った友達に自分のへたくそな中国語を理解させようとしていることに申し訳ないと思っていました。

 2、原因は何だったのか?
上記の通り分解すると結局は言語問題に集約されるのかと思いました。上海に来る前は語学面で苦労することは当然イメージしておりましたが、実際に直面するとメンタルなかなか辛いものがあります。ただ、イメージ出来ていなかったのが成長スピード感だったと思います。成長は早ければ早いほどいいのかもしれませんが、現実的なスピードを測らないと自分の理想と現実のギャップに悩んでしまうと思いました。

 3、どう気を持つか?
上記の通り経験者の話を聞くなどして、現実的なスピードを測ると同時にもっと、自分を愛してあげてもいいと思いました。元々焦り性分な自分ですが、現実的なスピードより少し上にいるんだと思い、少しムチを叩きつつも、自分をほめてあげたほうがいいんだ、今後自分のやってることは絶対うまくいくんだと思うようになれればいいと思いました。

語学は一歩進んで三歩下がるようなことが多いですが、今回のことを教訓にして努力しつつマイナス思考にならないようにしたいと思います。

それでは、また!

Ko

上海の焼き肉 ふたごに行ってみた!

大家好!Koです!

上海の夏は日本より暑いと散々言われてきたのですが、今年は日本の方が暑いですね。
まぁ上海が涼しいというわけではまったくないのですが・・・。

先日、私が日本で愛してやまない焼き肉屋 ふたごに行ってきました。
東京では渋谷店、三軒茶屋店、下北沢店によく出没していて、ゴールドカードも保有しているレベルです。上海生活で日本食は恋しくなりませんが、ふたごだけはとても恋しかったです。

 

公式サイトによれば、中国の進出は現在上海だけのようです。今回は、上海凱徳星貿店にいってきました。(もう一つは新天地にあるみたいです。)

f:id:koinshanghai:20180722093546j:plain

立派なショッピングセンターの中にどーんと構えております。
上海では高級焼肉路線なのですかね? ちなみにこちらの店舗は食べ放題専門店でした。日本だと下北沢店しか食べ放題やっていないので、ある意味レアといえばレアですね。しかも160元くらいのコースもあるので、日系焼き肉単価が高い上海ではありがたい存在ですね。肉の質も悪くはなかったです。

f:id:koinshanghai:20180722093552j:plain

f:id:koinshanghai:20180722093555j:plain

但し、内装は日本のふたごのそれとは異なります。日本の背もたれのないパイプ椅子、天井からぶら下がった吸煙機はありません。普通の焼き肉屋のデザインです。違いをまとめると下記の通りです。

<上海のふたごにないもの>*気づいたベース
・携帯ケース
・はみでるカルビ(はみでたい系もなし)
ガリガリ君サワー
半殺しキムチ
・ふたごポイントカード
・俺じなるヨーグルト
・あの店の雰囲気
・あの元気のいい店員さん達

ただの焼き肉屋としていくならば全然ありです。あの価格であのクオリティなら最高です。ただ、私のように日本のふたごの大ファンで、日本と同じ雰囲気を味わいたい方にはおすすめしません。帰国した時の楽しみとして、日本にあるふたごに行くことをおすすめします。

まぁそもそも上海で私のような層はニッチ中のニッチでしょうけどね・・・。
でも、せっかくなら中国の方々にもあのふたご楽しい雰囲気を味わってほしいなぁと思いました。

それでは、また!

Ko

中国 上海の物価感について

大家好!Koです。

上海生活も間もなく2か月になろうとしております。
中国での物価感についてまとめてみたいと思います。
これから中国で現地採用で働こうと思っている方の参考になれば幸いです。

結論としてすでに多くの現地採用諸先輩方がおっしゃってますが、「中国は物価が日本より安いから現地採用でも贅沢な生活ができる!」というのはありえません ということを強く主張しておきたいと思います。
ものすごく極貧というわけではないですが、買いたいものを何でも買えるというわけではない ぐらいですかね。

日本と比較して安いもの/高いもので記載していきたいと思います。


①日本と比較して安いもの

・バス、地下鉄、タクシーの公共交通機関
 東京在住時は東急線沿いに住んでおりましたが、初乗り140円くらいでした。
 それと比較して上海はバスならば始発から終点でも2元(=約37円)、地下鉄は
 距離にもよりますが最大での5元(=約90円)くらいです。
 タクシーも初乗り16元なのでとても安いです。これのせいか、通勤費の支給を
 している企業はあまりないように感じます。
 但し、上海は渋滞がひどく費用対効果が悪いので私はあまりタクシーは使いません。

 

・(ローカルの)外食費用
 地元民がいくようなローカル食堂、中華料理は比較的安価です。
 2人で残すくらいたらふく食べても200元(=3500円)くらいです。
 前の記事でも書きましたが、1品の量が多いので4人くらいでのシェアが理想的かも
 しれません。
 近所の麺屋さんでは焼きそばが大盛でも20元(=約350円)くらいで
 十分おなか一杯になります。

 

・美容院
 まだこっちの美容院と理髪店の境目がわかっていないのですが、クーポン使うと
 50元(=約900円)で切ってくれます。日本と比べるとそりゃ粗いですが
 シャンプーもカットもそれなりに満足するレベルで切ってくれます。
 余談ですが、日本人美容師によるカットは8,000円くらいするらしいです。
 男性は頻度も高いと思うので、むしろこの価格設定はうれしいですね。

・地元産の農産物
 特に果物が安いです。東京だと果物って少し贅沢品じゃないですか?
 こっちは今桃がシーズンですが、1個6元くらい(=約100円)です。
 農薬洗浄しなきゃいけないのが面倒ですが、味は山梨の桃にも全然負けてません。

 

②日本と比較して高いもの

・外国製品
 いわゆる高級スーパーにいくと驚愕します。
 例えばイタリア産のパスタなどは日本の2倍くらいします。
 日本産のお醤油とかも普通に3倍くらいします。
 上記の通り、ローカル物はそうでもないのですが、輸入食品が異常に高い。。。


・住宅価格
 中国都市圏全土に言えることかもしれませんが、住宅価格が異常に高いです。
 現在私はいわゆる小区というローカルアパートに住んでますが、月約9万円です。
 外観は日本の団地で内装はきれいですが、日本では住み手がつかないレベルです。
 住宅価格もバブルレベルで高騰しており、とても買えるレベルにありません。
 (そもそも外国人が購入できるかは疑問ですが)

いかがですか?少しでも参考になりましたでしょうか?
もっと細かいレベルでの価格帯を知りたい場合は、Twitterなどでご連絡ください。

それでは、また!

Ko